【キャバクラの基礎知識】マイナンバーって?

キャバ嬢さんの気になるマインバー
キャバクラでWワークしている方や扶養に入っている学生さんが気になるマイナンバーについて解説します!

キャバクラなどナイトワークで働くキャバ嬢さんにとって気になるマイナンバーと納税問題。

特に
・昼のお仕事とのWワーク
・学生で扶養に入っている
・生活保護など手当を貰っている
というキャバ嬢さんは気になります。

マイナンバー制度が施行されてから、働き難いと感じているキャバ嬢さんも多いです。

今回はそんなマイナンバーについて解説します!

マイナンバーって何?

2016年から施行されたマイナンバー制度

国民一人一人に割り当てられた12桁の番号で所得納税状況保険年金などを国が管理する制度です。

また、会社には従業員のマイナンバーを保管して、税務署に支払調書を提出する義務があります。

マイナンバーQ&A

マイナンバーはどうやって
届きますか?

マイナンバー通知カードが郵送で届く
住民票に登録されている住所に
マイナンバー通知カードが簡易書留
郵送されます。

マイナンバー通知カードを受け取っても受け取らなくてもマイナンバーは国に決められています。

お昼の仕事先に副業が
バレますか?

普通徴収 確定申告
自分で確定申告をすれば、お昼の仕事先に
副業がバレる事はありません!

自分で確定申告をして住民税を支払うことを
普通徴収と言います。

マイナンバーで収入が
発覚したら手当は?

不正受給は犯罪です。
収入がある事が国に発覚すれば
手当を受け取る事は出来ません。

収入があるのに、生活保護など手当を
受け取るのは不正受給という犯罪です!

不正受給は悪質だと判断されれば
詐欺罪になるのでご注意下さい!!

お店にマイナンバーの番号を
教えないとダメ?

ナイトワーク業界ではまだマイナンバーに関する法律が整備されていません。

ルール上は在籍キャバ嬢さんのマイナンバーをお店が管理する必要がありませす。

ですが、罰則が決まっていないので管理しないお店が多いです。

その代わりに、お給料の総支給額から10%引かれ国に納税されています!

悪質なキャバクラでは10%引くのに、納税していない可能性もあります。
Shiftに掲載しているキャバクラはキチンと納税している優良店のみなので安心してください!

まとめ

キャバクラで働くキャバ嬢さんが気になる
マイナンバー

マイナンバーが施行されたからといって、キャバ嬢さんがキャバクラで働き難くなる事はありません!

また、優良なキャバクラでは個人で税金を支払う代わりに給料から10%を引き、人件費としてお店が納税しています。

Shiftでは、しっかり納税している優良店のみ紹介しているので安心してお店探しのご相談にお越しください!!

Shift LINE相談受付

lineID:sincenow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です