キャバクラの面接に必要な本籍地証明の取り方

本籍地証明の取り方
キャバクラの体験入店に必要な本籍地証明の準備方法について簡単に説明します!

キャバクラで働く為に、まずは面接を受けます。

その面接には身分証が必要!

または面接は身分証が要らないけど、体験入店や本入店の時は絶対に身分証を用意しなければいけないと言われます。

身分証が必要ないキャバクラは違法店なので、絶対に行かないで下さい。

本籍地はなぜ必要?

キャバクラの面接で何故本籍地の証明が必要かというと、日本人である証拠をお店が保管する義務があるから!

国の法律でナイトワークは日本人か、就労規制の掛かっていない永住権のある外国人しか働く事が出来ません。

なので面接や体験、入店の時に本籍地記載の身分証の提出を求められます。

本籍地証明書類の種類

パスポート

本籍地の証明に有効なのはパスポート
パスポートは身分証の中で一番便利です!

顏写真も付いていて国籍も分かるので
身分証となります。

パスポートを発行する費用は
11,000~16,000円程!

約1週間で発行が可能です。

本籍地記載の住民票

本籍地証明 住民票
本籍地記載の住民票が、安くて
手軽に手に入るのでオススメ♪

所得方法は自分の住所が置いてある
市役所や区役所、サービスカウンター!

時間は地域によって違いますが
9:00~17:00が一般的です。

大阪市に現住所がある方は難波/梅田/天王寺のサービスカウンターで19時まで取得可能です!
大阪市サービスカウンター一覧
梅田サービスカウンター
北区梅田一丁目大阪駅前
ダイヤモンド地下街2号
(ディアモール大阪B1)
06-6345-0874
難波サービスカウンター
中央区難波一丁目9番7号
(地下鉄なんば駅構内B1)
06-6211-0874
天王寺サービスカウンター
天王寺区堀越町アベノ地下街6号
(あべちかB1)
06-6773-0874

他にも委任状を使用して代理で取得してもらったり、親族の方に取得してもらう方法があります。

戸籍謄本/戸籍抄本

戸籍謄本/戸籍抄本は本籍地に登録している市町村区で取得可能で、450円になります!

本籍地に登録している市区町村の役所でしか取得出来ません!
住民票がある市区町村と間違えない様に注意して下さい。

まとめ

キャバクラの面接や体験入店、本入店には身分証が必要です。

大阪は特に身分証の確認が厳しく、顔付の身分証+本籍地の証明が必要となります。

お店によってはどちらか一方でも大丈夫という所もありますが、店舗数が少なかったり違法店の可能性があります。

どうしても用意が出来ないというキャバ嬢さんはShiftスタッフまでご相談下さい。

Shiftでは、身分証が少なくても体験可能な優良店舗を複数紹介しています!

Shift LINE相談受付

lineID:sincenow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です