古い角質は肌トラブルの原因!ピーリングについて

皮膚が剥ける!?【ピーリング】とは

有名人などに人気のピーリングについてです♪

「ピーリングで皮膚を剥して新しい肌になる」
「お肌を再生させる!」

なんて聞いたことはありませんか?

ピーリングにも色々な種類があるので紹介します♪

ピーリングとは

ピーリングとは皮を剥くと言う意味ですが
新しい皮膚を形成させる美容方法の事です。

美肌効果が高い事からモデルや海外セレブなど
もちろんキャバ嬢さんにも人気です。

このピーリングには色々な方法があります。

ピーリングの種類

ケミカルピーリング

皮膚に直接、薬品を塗布して角質や
老廃物を溶かす方法です。

クエン酸、乳酸、リンゴ酸、グリコール酸
トリクロロ酸、サリチル酸など医療機関で
使用が許可された高濃度の強い化学薬品も
使われるので高いピーリング効果
美肌効果が期待出来ます。

その分肌へのダメージやトラブルも多いので
しっかりとした知識とケアが必要です。

フィジカルピーリング

皮膚を擦り、物理的に角質を剥がす方法です。

アカスリやクリスタルピール、ソルトピール
スクラブ洗顔料、角質ボロボロジェル
レーザーピーリング(粘着シート)などが
肌を研磨するフィジカルピーリングになります。

自宅で出来るので力加減など方法に気を付けましょう。

ハーブピーリング

自然由来の植物(ハーブ)を使用して
肌の細胞を活性化させ新陳代謝を高めて
皮膚を再生させる方法です。

安全な成分で自然に肌のターンオーバーを
早めて剥離、再生させます。

肌を溶かしたり摩擦で剥がすのでは無く
肌の再生を早まらし剥けるイメージです。

ピーリングの効果

ピーリングにはこんな効果が期待出来ます。

シミ・シワ・たるみ・ほうれい線
クマ・リフトアップ・毛穴の開き
乾燥・角質・ごわつき・オイリー肌
ニキビ・肌荒れ・ニキビ跡
美肌・リフトアップ・アンチエイジング

ピーリングの注意点

アフターケアはしっかりと

ピーリング後は保湿が大事です。

乾燥は肌トラブルの原因になるのでしっかりと保湿を心がけましょう。

日焼けには注意を

ピーリングの前後は日焼けはNGです。

日焼け止めや日傘を使ったりして紫外線を防ぎましょう。

妊娠中・授乳中は避ける

妊娠中、授乳中はホルモンバランスが乱れて肌がデリケートになります。

個人差はありますが、肌が敏感な時は避けた方が良いです。

強めのクレンジング・洗顔はNG

ピーリング後、すぐに洗顔をしてもいい場合と、水に濡らしてはいけない場合があります。

強めに洗顔をする人は加減して優しくする様にしましょう。

まとめ

キャバ嬢さんは昼夜逆転していたりアフターで夜遅くにご飯を食べたりするのでお肌トラブルを気にしている方もいると思います!

一度ピーリングを試してみるのもどうでしょうか♪

Shift LINE相談受付

lineID:sincenow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です